人気ブログランキング |

Kitowaの日々 

余談:ロマンスドールとバウハウス

1月 気持ち的にパタパタしていたのが ほんの少し落ち着いたので
息抜きで またひとり ふらふら映画を観に行ってきました


イオンシネマは 月曜日 大人1100円で映画を観ることができます
(定休日ゆえ時々活用・笑)






余談:ロマンスドールとバウハウス_d0263815_18154500.jpg

タナダユキさんが、自身の同名小説を自らの監督・脚本で実写映画化した「ロマンスドール」


10年くらい前 タナダ監督 蒼井優さん主演の「百万円と苦虫女」が 面白かった印象があり
再び 同じコンビでの作品ということで また観てみたくなりました





同じキャストといえば ピエール瀧も終始出てて嬉しかったです
(この情報はあまり知らなかった ってこのせいで上映延期されていたらしいです・笑)









余談:ロマンスドールとバウハウス_d0263815_18082032.jpg



主題歌の never young beach の余韻が良かったな








夫婦 それぞれの秘密 隠し事

お互い それを 吐き出した後の 愛のある生活





相手のことを気遣い 伝えられなかったことも




お互いが想いあってると思っていても

言って 伝えることで はじめて 始まる関係性もある・・・






人生いろいろなことがあるので

今 どんなことも受け入れる覚悟はできているつもりだけど
相手に 言わずに 話し合わずに 後悔はしたくないな











うん いい映画だったと思います  今 観てよかった












そして 最近 図書館で借りた一冊




余談:ロマンスドールとバウハウス_d0263815_18274968.jpg


図説精読 日本美の再発見: タウトの見た日本
沢 良子 (編集), Bruno Taut (原著), ブルーノ タウト (著), 篠田 英雄 (翻訳)







最近 日本の工芸がまた注目されているせいか
ドイツのデザイン 建築関連のものを よくみかけるなぁと思っていたら



昨年 バウハウス創立 100周年で この界隈が盛り上がっていたのが理由でした










余談:ロマンスドールとバウハウス_d0263815_18335720.jpg

今池のシネマテークでも バウハウス映画祭やってました

これ 昨年 チェックしてたけど すっかり忘れてました・・・(残念)









建築の関連の展示 デザインも 大好きで いろいろ観にいくんのですが

でも やっぱりちょっとむずかしい・笑



ブルーノタウトの著書も なかなか読み進めれませんが ゆっくり読もうと思います
















しかし 蒼井優さんは どの作品を観ても ほんとうに かわいい・・・






余談:ロマンスドールとバウハウス_d0263815_18515169.jpg





はい 定休日のうだうだ話にまで お付き合いいただき
ありがとうございます




そして お店のこと もろもろ すすめられてなくてすみません








いろいろ がんばりますので 引き続き

よろしくお願いいたします










.
.
.





# by kitowa | 2020-01-27 18:58 | 店主の環っぱ