Kitowaの日々 

余談:100年のジャズを聴く

年をとってくるとほど 基本に戻るといいますが(言いますよね?・笑)


変拍子のプログレバンド ソフトマシーン代表するカンタベリーミュージックから
エレクトロマイルス そこから ウェンショーター、キースジャレット
マイルスバンドのメンバーの音へ






d0263815_17193307.jpg





d0263815_17210150.jpg




エリックドルフィ・アルバートアイラー・アリスコルトレーン
アートアンサブルオブシカゴ、その界隈の音 





心躍る 好きな音が多すぎて
聴いていく過程が なにか渋滞している



どんな順序で興味を持っていったのか もう だんだんと記憶も薄れはじめ・・・









d0263815_17200146.jpg







チャリーパーカーもアートブレーキーも好きだけど もしや
わたし セロニアス・モンク 意識して聴いたことないな ということに

先日 読んだ 下の1冊の本で気づきまして




図書館でモンクのCD まとめて借りてみました






d0263815_17213731.jpg

100年のジャズを聴く
後藤 雅洋 (著), 村井 康司 (著), 柳樂 光隆 (著)
出版社: シンコーミュージック



JAZZは、元気か?
ジャズ100年記念特別企画! ジャズ界を代表する論客3人が徹底的に語り合った「ジャズの過去・現在・未来」

「新しいチャプター」を迎えて、ここ数年、再び大きな盛り上がりを見せているジャズ・シーン。だが、かつて「死んだ」と言われたジャズ。では「いまのジャズ」とは何なのか?――初のジャズ・レコード録音から100年の今年、その掉尾を飾る鼎談集の緊急発売! 30、50、70代 ──異なる世代を代表するジャズ評論家3人が、語り尽くした15時間。そして……ジャズは強く生き残っていた!







d0263815_17332653.jpg



d0263815_17330391.jpg



d0263815_17331608.jpg



d0263815_17340707.jpg




d0263815_17334633.jpg









ということで 今週は 自分のなかで セロニアス・モンク週間

図書館のライブラリー 最高!






最近のジャズの人たち 今 また 音が面白くなっているみたいですね





新しい音もまた聴きたい

どんどん 基本もせめたい

そんな気分です










はい 今週もたのしみながら
お店のことも がんばりますー







[PR]
# by kitowa | 2018-04-03 17:43 | 音のこと