人気ブログランキング |

Kitowaの日々 

余談:やすらぎの本

お店で毎日植物をさわっていたり お世話していると 
そのことに夢中になる時間がふえ それはとてもおだやかで 幸せなことで


しかし 好きなものを目の前にすると 静でありながらも 思わず血が沸騰するような
衝動的な感覚が 自分のなかにあることを知っていて




たまには 刺激的な音や 美術や 身体表現
そういうものに触れさせ 自分を喜ばせてあげないとなぁと 俯瞰する自分もいます




余談:やすらぎの本_d0263815_18303633.jpg


定休日 月曜日の午前中 ひそかな楽しみ 録画しておいた番組をみること 
遅ればせながら 6月あたまに放送された NHK『SWITCHインタビュー 達人達(たち)「坂本龍一×福岡伸一」』をみました

音の話も 遺伝子の話も とても面白かったです







教授が 私も好きなジョン・ケージの話をしていて その音ではなく 関連する本がまた無性に読みたくなり

そんなたのしい気分のまま 久しぶりに図書館へ








余談:やすらぎの本_d0263815_19375788.jpg

ジョン・ケージの音楽 /ポール グリフィス (著), Paul Griffiths (原著), 堀内 宏公 (翻訳) 出版:青土社








余談:やすらぎの本_d0263815_19442508.jpg

イエロー・マジック・オーケストラ/細野晴臣 (著), 高橋幸宏 (著), 坂本龍一 (著), 出版:アスペクト












音楽関連の棚 本の背表紙を見ているだけでも どんどん気分が高揚していき ここから好きな音のジャンルを 無差別に手にとりはじめます

ワクワク感が半端ない 宇宙から来た大音楽家 サン・ラー 最高!





余談:やすらぎの本_d0263815_19511029.jpg

サン・ラー伝 /ジョン・F・スウェッド (著), 湯浅 恵子 (翻訳) 監修:湯浅学 出版:河出書房新社













余談:やすらぎの本_d0263815_19544282.jpg

戦後日本のジャズ文化―映画・文学・アングラ /マイク モラスキー (著), Michael S. Molasky (原著) 出版:青土社











余談:やすらぎの本_d0263815_19575903.jpg

ニュー・ロックの真実の世界 (植草甚一スクラップ・ブック) /植草 甚一 (著) 出版:晶文社

図書館で音楽関連の本をみてるといつも思う
「植草さんのスクラップブックシリーズ これ全巻 自分の本棚に並べたいなー」という気持ち
これって古本屋巡りすれば 手に入れることはできるのでしょうか、、、欲しいなぁ~









あとは 舞踏やコンテンポラリーダンス関連の棚へいき 大野一雄さんと ピナ・バウシュの本




余談:やすらぎの本_d0263815_20044142.jpg

大野一雄 百年の舞踏 /大野一雄舞踏研究所 (編集) 出版:フィルムアート社












毎回 図書館にくるたびに これも読みたい あれも読みたいで
音楽や芸術の本を 一回で借りることができる最大10冊を 思わず借りてきてしまうのですが


2週間で 全部を読める時間も気力も あるわけではなく
半分くらい読み あと数冊は延長 読めないまま返す本もあり というのが毎度のパターンです






本も 人も 一期一会

その時のタイミング













今回 図書館にあると思わず すごく嬉しかったのが 山本精一さんの本

これは、まっさきに読み終わりましたー




余談:やすらぎの本_d0263815_20063004.jpg
ギンガ /山本 精一 (著) 出版:P-Vine BOOKs





わたしの音楽の根っこ部分である ハナタラシ ボアダムズ ノイズ・轟音系の音 

もともとの音好きのはじめは ここからの出発なので 人より よぶんな寄り道ぜす 直球で変態音にだどりついたと思います・笑










山本精一さんの音や 言動は けっこうきてると思います


でも そこが わたしにとって とても穏やか気分になり 



ああ~ やっぱり へんなものに 触れていないと わたしでないなぁ~と 本を読み また再確認をするのでした















名盤「なぞなぞ」


余談:やすらぎの本_d0263815_20262435.jpg





はい いつも 好きなものの うだうだう話まで お付き合いいただき ありがとうございます








くろいものが好きなことも 植物や 人の手から作りだされたものが好きなことも






全部ひっくるめ 共存し合い 日々がんばっていきたいと思いますー













by kitowa | 2017-06-20 20:31 | 店主の環っぱ