人気ブログランキング |

Kitowaの日々 

余談:さよなら私

今月ももうすぐ終わりますね 6月は いろいろなことがありました

なんて書くとほど思わせぶりなことは全然ないのですが・笑 自分のなかで小さな変化の兆しがみえたような気がします





6月の上旬 秋の展示会の打ち合わせで1泊2日 富山県へ行ってきました
このことも またご報告します・・・



本日は 出張に一緒に持っていった本から 6月の読書月間が始まった話
お店とことは全然関係なく またうだうだと失礼します


余談:さよなら私_d0263815_16345136.gif



旅のおともはやっぱり「本」でしょーと 久しぶりの一人遠出にワクワクした気持ちで図書館へ
染色家の芹沢銈介の本数冊と 暇つぶし的な読みものも欲しいなーと他にも本探し





みうらじゅんの最新本 「ない仕事」の作り方
出版社: 文藝春秋

余談:さよなら私_d0263815_18171718.jpg




人からこの本をすすめてもらっていたのを思い出し なにかお店のヒントにもなるかな~と探してみたら なんと貸出の予約9件待ち 

以外とやりおるな、、、、と 根強い人気を見直しながら すでにみうらじゅん気分になった私は
貸出可能の本から ゆるそうな2冊を持っていきました




どうして人はキスをしたくなるんだろう?
出版社: 集英社

余談:さよなら私_d0263815_18165832.jpg



対談集は ささぁ~と読み終わり
次のもう1冊が 最近私のなかで小さく気づきはじめていた事柄に 火をつける本となりました




余談:さよなら私_d0263815_18224069.jpg

さよなら私
出版社: 角川書店




“「自分」へのこだわりを捨ててラクに生きよう。仏教でいう「空(くう)」を知ろう。そもそもは何もないところから生まれ、何もないところに帰っていくだけのこと。”




50歳をむかえ「自分なくし」をすすめる著者

そもそも自分はない ってどういうことなんだろう・・・・


じゅんは いつも じゅんすぎるじゃん






そう疑問に感じながらも 「自分なくし」 という言葉がすとんっと自分のなかへおちていき

ベースとなっている仏教 「空(くう)」 のこと


富山から帰ってきた後 どんどん本を読みすすめることになります





余談:さよなら私_d0263815_18264628.jpg

マイ仏教
出版社: 新潮社



諸行無常 諸法無我 

般若心経のことをさらに知りたくなり





余談:さよなら私_d0263815_18262757.jpg

現代語訳 般若心経 玄侑 宗久 (著) 出版社: 筑摩書房

臨済宗の僧侶にして芥川賞作家の玄侑宗久氏による般若心経の解説書






たかが じゅん されど じゅん




少し新境地がひらけた?ので最後の〆に
みうらじゅんのエロエッセイを読み お店がパタパタしたなかでの6月読書月間は ここで終了したいと思いますー




“人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた。”


見習いたいものです




余談:さよなら私_d0263815_1820337.jpg

人生エロエロ
出版社: 文藝春秋






余談:さよなら私_d0263815_18201849.jpg

されど人生エロエロ
出版社: 文藝春秋






自分なくし 空(くう) 般若心経 東洋の叡智荘子老子の思想から エロまで そりゃあもう胸がいっぱいです・笑

7月も 少しずつ 目の前のことから 




長々とお付き合いいただき ありがとうございました








落ち着くところ

今を大切に まわりにいてくれる人を大切に お店に足を運んで下さる方々を大切に すすんでいきたいと思います








by kitowa | 2016-06-29 18:09 | 店主の環っぱ