Kitowaの日々 

余談:往復書簡 初恋と不倫


最近 読んでとても印象深かった本のこと
「カルテット」「最高の離婚」「Mother」の脚本をてがける坂元裕二さんの新刊





大人になってから “言葉“ について おもい 考えを 巡らせることが多々あり 言霊 人が使う言葉の選択 方法であったり




言葉はすごい だから使う人そのものが問われて こわい





d0263815_17273269.jpg
坂元 裕二 (著) 出版社: リトル・モア  装幀:葛西薫







淡いものや 不道徳  みにくいものか 美しいものか

誰も救われない のぞんでいるわけでもない





歪みのなかで成立する 「初恋」「不倫」というかたち





そういうものに疎い どこか 人として欠陥しているんだろうと 少し心配になることもありますが いろいろ感じることがありました








.
.
.


[PR]
by kitowa | 2017-08-01 18:04 | 店主の環っぱ